全身脱毛の月額制ってお得?月額制でおすすめの脱毛サロンを紹介します

全身脱毛の月額制ってお得?月額制でおすすめの脱毛サロンを紹介します

※価格はすべて執筆時点のものです。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックのホームページに「月額3,000円から通える」と書かれているのを見て、「すごくお得なんだな」「本当はどういう仕組みなんだろう?」と気になったことはありませんか?

全身脱毛と聞くと料金が高いイメージがありますが、月額3,000円と書かれていると「なにか裏があるのでは?」と疑問を抱く方もいるかと思います。

今回は、月額制脱毛の仕組みと、お得な月額制脱毛の選び方、さらに月額制で通えるおすすめの全身脱毛サロンを紹介します。

最後までお読みいただけると、「月額〇〇円」の本当の意味がわかり、月額制の脱毛サロン選びに失敗することがなくなります。

月々の負担を軽めに、全身脱毛に通いたいと考えている方はぜひ最後までチェックしてください。

月額制の仕組みとは?

まずは、脱毛の支払い方法における「月額制」について詳しく見ていきましょう。

月額制といっても、実は2つの種類があります。

  • 月払い:通っている間支払い続ける
  • 分割払い:総額を分割して支払う

両者の違いは、最初から支払額が決まっているかどうかです。

「月額〇〇円」と聞くと、「通っているときだけ毎月〇〇円支払えば脱毛できる」と思っている方は多いのではないでしょうか?

しかし実際は、総額を分割払いしたときの毎月支払う料金だったり、施術がない月にも支払いがあったりと、なかなか思っていたのと違う結果になることが多いです。

月額制の脱毛に対して誤った認識をしている方も多いので、ここでは月額制の2つの種類について解説します。

月払い

月額制の1つめは月払いです。

なにかの定期購入や習い事に近い感覚で、脱毛に通っている期間だけ「月額〇〇円」を支払うのがこのタイプです。

毎月の支払額が比較的お得なのが特徴で、無理なく脱毛を始められます。

注意点としては、施術がない月でも支払いが発生することが挙げられます。

脱毛周期にあわせて2カ月に1度施術をする脱毛サロンの場合、1月に施術し、2月は施術をしなかったとしても、2月分の月額料金は発生します。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって施術頻度は異なるので、毎月通えるとは限らず、施術がない月にも支払いが発生するので注意しましょう。

  • 総額が決まっていない
  • お手頃価格で脱毛を始めやすい
  • 好きなタイミングで辞められる

と嬉しい側面があるのに対し、

  • 毎月通えるわけではない
  • 施術のない月にも支払いが発生する

などの注意点があることを覚えておきましょう。

分割払い

月額で通える脱毛の2つめが、分割払いです。分割払いは、決められた総額を分割して毎月支払っていく方法です。

契約料金が高くなりがちな全身脱毛では、料金を一括で支払うか、または分割払いで毎月少しずつ支払っていくかを選択できます。

たとえば、銀座カラーの公式ホームページには「月額3,300円で全身脱毛に通える」とありますが、これは総額の102,300円(税込)を36回の分割払いにしたときの1回あたりの支払額です。

分割払いの場合、「月額〇〇円」と書いてある金額を支払い続ければ脱毛に通えるわけではないことに気を付けましょう。

もし分割払いの回数が残っているのに契約の施術回数を終えてしまった場合は、たとえ施術がなくても毎月の支払いを続ける必要があります。

月額制と回数制はどっちがお得なの?

脱毛の種類には、毎月決まった額を支払って通い続けられる月額制と、脱毛回数を選んで契約する回数制の2つがありますが、「結局どっちがお得なの?」と気になる方も多いかと思います。

回数制の場合、脱毛効果をしっかりと感じるためにまとまった回数を契約すると、総額が10万円以上になることも珍しくありません。

とはいえ、月々の負担が軽く通いやすい月額制でも、なんとなく長期間通っていたら結局大きな額を支払うことになります。

月額制も回数制もそれぞれにメリットとデメリットがあるので、失敗を防ぐためにも、「自分が脱毛になにを求めるのか」をハッキリさせて選びましょう。

以下で月額制と回数制のメリットとデメリットをそれぞれ紹介するので、どちらがより自分にあっているかを考えながら読み進めてください。

月払い制のメリット

まず、月払い制で通える全身脱毛のメリットを3つ紹介します。

  1. 小さな初期費用で始められる
  2. 毎月の支払料金が安い
  3. 好きなときに辞められる

早速、1つずつ詳しく見ていきましょう。

小さな初期費用で始められる

月払い制で通える全身脱毛の最大のメリットは、小さな初期費用で始められることです。

回数制の場合、しっかりと脱毛効果を感じられる回数(6回~12回程度)を契約すると、総額は10万円以上になることも多くあります。

一方、月払い制の脱毛サロンや医療脱毛クリニックは、月額料金が1万円程度と比較的お手頃価格です。

脱毛に通い続けている間だけ毎月月額料金を支払い続ける月払い制では、総額や施術回数が決められていないので、はじめにまとまったお金を用意する必要がありません。脱毛するのがはじめてで、いきなり大きな金額を支払うのに抵抗がある方でも安心できるのが嬉しいポイントです。

逆をいえば、契約回数や総額が決まっていないぶん、いくらでも支払いを続けられることでもありますが、脱毛を始めるハードルが低いので、「まずは気軽に始めてみたい」「すぐにまとまったお金は用意できないけど脱毛してみたい」と考えている方におすすめです。

毎月の支払料金が安い

月払い制で通える全身脱毛は、月々の支払額がお手頃価格なのも魅力です。

回数制を契約すると一度に数十万円がかかるのとは違い、月払い制は毎月の支払額が1万円程度と負担が少なくなっています。

月払い制を採用しており、なかでもお得な料金で評判なのがストラッシュです。

ストラッシュでは、月額8,778円(税込)で全身脱毛に通えます。回数制限もないので、毎月の支払いを続ける限り、自分が納得いくまで脱毛を受けられるのが魅力です。

一度に数十万円のまとまった出費があるのではなく、比較的少ない金額の支払いが続いていくので、月々の出費の波をなるべく均等に抑えられるのが月払い制全身脱毛のメリットの2つめです。

好きなときに辞められる

月払い制のメリットの3つめは、脱毛を自分のタイミングで辞められることです。回数制では6回、12回、18回など決められた回数を契約するのと異なり、月払い制なら自分が満足するまで脱毛が済んだ段階で、支払いと継続をストップできます。

回数制の場合、もし契約回数が足りなかったら追加の契約が必要になり、逆に余ってしまったら返金手続き、もしくは回数を消費するため必要もないのに通ったりする必要があります。

一方、月払い制なら施術の回数が決められていないので、自分が納得するまで何回でも通えて、満足したタイミングで卒業も可能です。

ただし、脱毛サロンや医療脱毛クリニックによっては月払い制の最低継続期間があるところもあります。契約の際は、最低利用期間に関する決まりがないか注意して見るようにしましょう。

脱毛が完了するまでに何回施術が必要なのかがわからない方でも、とりあえず始められて満足いくまで通い続けられるのが月払い制全身脱毛のメリットです。

月払い制のデメリット

脱毛を始めるハードルが低く、月々の負担が少ない月払い制ですが、デメリットもいくつかあります。月払い制で全身脱毛に通うデメリットとは具体的に、

  1. 1度に全身の照射ができない場合もある
  2. 施術のない月でも支払いが発生する
  3. 長期的に通うと総額が高くなる

の3つです。

「月額〇〇円」と書いてあるとお得に見えますが、実は全身を照射するのに1年もかかったり施術がない月にも支払いが発生したりするなどの落とし穴があります。

ホームページの記載には勘違いしてしまいやすい要素も多いので、月払い制のデメリットをここでしっかりと確認し、誤った認識のまま契約しないようにしましょう。

1度に全身の照射ができない場合もある

回数制と比べ、脱毛完了までに時間がかかるのが月払い制のデメリットの1つめです。なぜなら、月払い制で通える脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、一度の来店で全身を照射してもらえないこともあるからです。

月額8,778円(税込)で全身脱毛に通えるストラッシュでは、1回の来店で照射するのは全身の4分の1です。つまり、全身一通り照射するためには4回通う必要があります。

一方で、施術回数が6回、12回などと決まっている回数制の全身脱毛では、1回の来店で全身を施術してもらえる場合がほとんどです。全身を照射するのに時間がかかるので、必然的に脱毛が完了するのも遅くなります。

特に、「月額〇〇円」と書いてあると、「月額〇〇円を払えば毎月全身の照射をしてもらえる」と認識してしまいがちなので、ここで覚えておくと安心です。

施術のない月でも支払いが発生する

月払い制脱毛のデメリットでもあり、もっとも注意するべきなのは、施術がない月にも支払いが発生することです。

通っている間は月額料金が発生するので、脱毛周期にあわせて施術ができない月にも支払う必要があります。

月払い制の脱毛に習い事やサブスクリプションのようなイメージを抱いていると、施術していないのに月額を払うことに違和感を覚える方もいるかもしれません。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによっては施術の間に1カ月半や2カ月待たなければいけない場合もあるので、注意しましょう。

月払い制の脱毛に通う際は、その月額料金だけでなく、来店ペースにも注目して選ぶようにするといいでしょう。

長期的に通うと総額が高くなることも

月額制の全身脱毛に通うデメリット、最後の1つは、長期間通うと総額が高くなることです。

施術の回数や総額が決まっていない月額制は、裏を返すと、いつまでも支払い続けられることを意味します。

回数制は、一度の出費は10万円以上と高くなるものの、施術と支払い回数には終わりがあります。それに対し、施術回数や支払いの総額が決まっていない月額制の脱毛では、「自分が脱毛完了とするのはどの段階か」という決め手がないと施術が長引き、その結果として総額も高くなってしまいます。

毎月の負担が少ないので一見お得に感じますが、長期間通った場合は回数制を契約するより総額が高くなるので注意しましょう。どの段階を脱毛完了とするのかをあらかじめ決めておくと安心です。

回数制のメリット

ここでは、6回、12回、18回など、あらかじめ決められた脱毛回数を契約する回数制のメリットを紹介します。

  1. 回数が多いほどお得になる
  2. シェービング代が無料の場合が多い

上記2つが全身脱毛を回数制で契約するメリットです。

一回の契約料金が10万円以上とまとまった金額になる回数制ですが、長期的に見ると月払い制で通うよりもお得に脱毛できます。

月払い制と回数制のどちらにしようか迷っている方は、ぜひ両者を比較しながら読み進めてください。

脱毛回数が多いほどお得になる

実は、脱毛回数が増えるほど、回数制で契約した方がお得です。

特に、6回以上照射を受けたい場合の総額は、回数パックプランで契約した方が月払い制で通うより安くなります。

実際に、月払い制と回数制の両方がある脱毛サロンの料金を比較してみましょう。

<ストラッシュの場合>

回数 月払い制 回数制
6回 105,336円(税込)
内訳:8,778円(月額)×全身を1回照射するのに2カ月×6回
105,336円(税込)
12回 210,672円(税込)
内訳:8,778円(月額)×全身を1回照射するのに2カ月×12回
199,980円(税込)
18回 316,008円(税込)
内訳:8,778円(月額)×全身を1回照射するのに2カ月×18回
288,684円(税込)

<脱毛ラボの場合>

回数 月払い制 回数制
6回 183,876円(税込)
内訳:2,189円(月額)×全身を1回照射するのに14カ月×6回
175,978円(税込)
12回 367,752円(税込)
内訳:2,189円(月額)×全身を1回照射するのに14カ月×12回
296,978円(税込)

上記の例からもおわかりいただけるように、脱毛回数が6回を超える場合は、回数制で契約した方が料金がお得です。

脱毛の目的や目指す状態によって必要な施術回数は異なりますが、「自己処理から卒業したい」「完全にツルツルになりたい」ような方は、回数制で多く契約した方が費用を抑えられます。

シェービング代が無料な場合も

回数をまとめて契約するメリットの2つめは、シェービング代が無料になることです。

高い料金を支払うぶん、剃り残しがあった際のシェービングをサービスしてもらえる脱毛サロンや医療脱毛クリニックが多いです。

一方で、月払い制は毎月の支払額が安いので、シェービングに追加料金がかかる場合があります。

ストラッシュの全身脱毛は月払い制にすると、手の届かない部位を除き、剃り残しがあった場合は1,100円(税込)の追加料金がかかります。同じ全身脱毛でも、回数パックプランの場合はシェービング代はかかりません。

契約をすると、一度に10万円超えのまとまった出費になる回数制ですが、その後シェービングにかかる追加料金がないことなどを考えると、月払い制より総額的にお得に通えるのが魅力です。

回数制のデメリット

続いて、回数制で契約する際のデメリットを2つ紹介します。

  1. 契約金額が高い
  2. 契約回数を決めるのが難しい

全身脱毛の回数パックを契約する最大の難点は、料金が高額になることです。「なるべく短い期間でしっかり脱毛したいけど、一度にまとまったお金を用意するのは大変」と思う方も多いのではないでしょうか。

また、契約するにあたり、何回を選べばいいのかと悩んでしまう方もいるかと思います。「足りなかったらどうしよう?」「多すぎても高額になるし…」と不安になるのは当然のことです。

そんな不安を解消するために早速、回数制で全身脱毛の契約をする際のデメリットを1つずつ解説します。

契約金額が高い

回数制で契約する最初のデメリットは、なんといっても料金が高くなることではないでしょうか。月払い制が月々1万円程度で脱毛を始められるのに対し、回数制は、10万円以上になることも珍しくありません。まとまった回数の脱毛がしたいと思っていても、まとまった金額を一度に用意するのはなかなか難しい方もいるかと思います。

たとえばキレイモで全身脱毛をする場合、10回照射を受けるのに176,000円(税込)、しっかり15回通おうと思うと242,000円(税込)がかかります。無料カウンセリングに行って、その場でいきなり15万円以上の支払いをするのは簡単なことではありません。

ただし、先述のとおり、

  • 脱毛回数が増えるほど1回あたりの施術料金は安くなる
  • 1回の来店で全身に照射できる
  • シェービング代が無料

など、料金が高いぶんサービスが充実しているのも事実です。

長期的に見るとメリットの多い回数制ですが、一度に大きな出費をするのに抵抗がある方にはハードルが高く感じるかもしれません。

契約回数を決めるのが難しい

回数を決めて全身脱毛をするデメリット、2つめは契約回数についてです。

回数制で契約をするといっても、何回脱毛すればいいのかわからない方は多いのではないでしょうか?なぜなら、ムダ毛の毛質や、どんな状態を脱毛完了と呼ぶかなど、必要な脱毛回数には個人差があるからです。

しっかり脱毛したいと思い、多めの回数で契約しても、金銭的に支払いが厳しくなっていき、もしそれでも足りなかったらどうしようかといった不安はつきものです。

しかし、契約回数が余ってしまった場合は、返金対応をしてもらえるところもあるので安心してください。

契約する脱毛回数は、人に聞いても個人差があるのであまり参考にできず、過不足なく脱毛するには何回がベストなのか悩んでしまうのがデメリットの2つめです。

月払い制がおすすめの方

これまでの内容を踏まえ、毎月定額を支払って脱毛に通う月払い制がおすすめの方は以下のとおりです。

  • 月々の負担額を少なく脱毛を始めたい方
  • 自分のタイミングで脱毛を辞めたい方
  • とりあえずお試しで脱毛してみたい方

すでに慣れ親しみのある、習い事やサブスクリプションに近い感覚で脱毛に通えるのが月払い制の最大の特徴です。

1回の来店で全身に照射ができる回数制と比べて脱毛完了までに時間がかかっても、月々の支払いを無理なく通い続けたいと考えている方にぴったりです。

回数制がおすすめの方

一方で、最初に決められた回数で契約、支払いをする回数制がおすすめの方は以下のとおりです。

  • 全身脱毛を早く完了させたい方
  • 終わりのある支払い方法を好む方
  • 6回以上のまとまった回数で脱毛したい方

通っている期間はずっと支払いが発生する月払い制と異なり、料金は高くなるものの、支払いに終わりがあるのが回数制です。

また、多くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックで、まとまった回数を契約するほど1回あたりの施術料金が安くなるので、「自己処理を完全に卒業したい」と考えている方には回数制での契約をおすすめします。

月払い制全身脱毛サロンの上手な選び方

ここまで読んで、「月払い制の全身脱毛サロンに通いたい」と思った方のために、この章では月払い制脱毛サロンの上手な選び方を紹介します。「月額1,500円」などの魅力的な表示に騙されずお得に脱毛したいなら、気を付けるべき点は2つあります。

  1. 全身1回あたりの料金が安いところを選ぶ
  2. 短期間で効果が実感できるところを選ぶ

これから紹介する上記2点をおさえると、少しややこしい月払い制の脱毛に通う際の失敗を防げます。「思っていたのと違った…」とならないためにも、ぜひチェックしましょう。

1回あたりの料金が安いところを選ぶ

月払い制の脱毛サロンを上手に選ぶ際のポイントは、全身を1回照射するのにかかる費用が安いところを選ぶことです。その理由は、いくら月々の支払いが安いからといって、全身を脱毛するのにかかる料金も安いとは限らないからです。

たとえば、月額2,189円(税込)で全身脱毛に通える脱毛ラボは、全身を1回照射するのになんと14カ月もかかります。

これは、脱毛ラボの月払い制プランでは、1回の施術につき全身の14分の1しか照射ができないからです。

全身を一通り照射するのに14カ月かかるということは、月額2,189円×14カ月分なので、全身1回あたりの脱毛料金は30,646円(税込)になります。

それに対し、同じく月払い制で全身脱毛に通えるストラッシュは、月額料金が8,778円(税込)と脱毛ラボと比べると高いものの、2カ月で全身を一通り脱毛できます。よって、全身1回あたりの施術は17,556円(税込)で、その差はなんと13,000円ほどです。

しかし、人によっては「時間がかかっても、毎月無理のない支払いで脱毛に通い続けたい」「1回あたりの施術部位が少なく、時間も早く終わる方がいい」と考える方もいるかもしれないので、向き不向きはさまざまでしょう。

ここでは、月払い制で脱毛する際は、単純に「月額〇〇円」の安いところを選ぶのではなく、全身を1回脱毛するのにいくらかかるのか比較、検討するといいと覚えておいてください。

短期間で効果が実感できるところを選ぶ

通っている間だけ毎月料金が発生する月払い制の全身脱毛は、できるだけ早く完了できるところを選ぶとお得に脱毛できます。なぜなら、たとえ月額料金はお手頃価格だったとしても、長く通えばそのぶん毎月の支払いが積み重なっていくからです。

月払い制の脱毛に通う際は、なるべく短い間隔で通えて、全身を一通り照射するのにかかる時間が短いところを選ぶのがコツです。

たとえば、ミュゼプラチナムによると、脱毛の効果を実感するのに必要な回数は6回、完全にツルツルになるには18回ほどの施術が必要です。

全身脱毛を始めて、効果を実感できるようになるのは6回目くらいからです。つるスベを目指すなら、合計で18回くらいの施術が必要になります。個人差はありますが、6回でも自己処理は楽になるので、十分満足する方もいます。

引用:ミュゼプラチナム公式サイト「気になる!脱毛のアレコレ」

これをもとに、月払い制で通える脱毛サロンで全身を一通り脱毛するのにかかる期間を比較してみると、以下のとおりです。

ストラッシュ 脱毛ラボ
全身を1回照射するのにかかる期間 2カ月 14カ月
全身を6回照射するのにかかる期間 12カ月(1年) 84カ月(7年)
全身を18回照射するのにかかる期間 36カ月(3年) 252カ月(21年)

少し極端な例になりましたが、18回照射をして全身ツルツルになるまでに20年以上かかっても問題ないと考える方はあまりいないかと思います。

通い続けている間は料金を支払い続ける必要がある月払い制の脱毛サロンを選ぶ際は、

  • 施術頻度が高い
  • 1回で全身の多くの部位を照射してもらえる

上記2点に当てはまるところを選ぶといいでしょう。

全身脱毛を月額制で通える脱毛サロン

最後に、月額制で全身脱毛に通える脱毛サロンを6つ紹介します。

先述のとおり、「月額制」といっても、習い事に近く、通っている間月額料金を支払い続ける月払いと、総額を分割して払う分割払いの2種類があります。ここでは、それぞれが

  • 月払い制:回数、総額に決まりなし
  • 分割制:回数、総額に決まりあり

のどちらなのかをハッキリさせたうえで紹介します。今回紹介する脱毛サロンを月額の支払い方法別に分けると以下のとおりです。

  • 月払い:ストラッシュ、脱毛ラボ
  • 分割払い:銀座カラー、ラココ、恋肌、キレイモ

それぞれの施術頻度や、1回の来店での照射範囲などをまとめているので、月額払いで全身脱毛に通いたいと思っている方はぜひ、それぞれを比較しながら読み進みてもらえると嬉しいです。

ストラッシュ

全身脱毛/月額

出典:ストラッシュ公式サイト

プラン名 全身脱毛プラン・月額制
月額のタイプ 月払い
月額料金 8,778円(税込)
施術頻度 最短2週間に1回~
1回の来店での照射範囲 全身の4分の1
全身1回あたりの料金 17,556円(税込)

月払いができる全身脱毛サロンで1番おすすめなのがストラッシュです。その理由は、なんといっても全身1回あたりの照射にかかる料金が17,556円(税込)と、他の脱毛サロンと比べて安い点にあります。

1回の来店で照射できるのは全身の4分の1ずつですが、最短2週間に1度のペースで通えるので、2カ月分の料金で全身を一通り脱毛できます。

ストラッシュの全身脱毛プランは、回数無制限の月払い制と、何回施術するかを選べる回数制の2タイプがあり、回数パックで契約した場合、1回の来店で全身の照射が可能です。

自分にあった支払い方法で全身脱毛に通えるのがストラッシュをおすすめする理由です。

銀座カラー

銀座カラー
出典:銀座カラー公式サイト

プラン名 全身脱毛6回
月額のタイプ 分割払い
月額料金 3,300円(税込)
(総額:102,300円)
施術頻度 最短1カ月~
1回の来店での照射範囲 全身
全身1回あたりの料金 17,050円(税込)

一度の来店で全身の照射ができ、料金も比較的お手頃なのが銀座カラーです。

全身脱毛6回コースでは、36回の分割払いにした場合、月額3,300円(税込)で全身脱毛に通えます。全身を一通り照射するのにかかる料金は17,050円(税込)なので、他の脱毛サロンと比べてもお得だといえます。

無料カウンセリングの際に、契約回数6回分の予約を取れるシステムを採用しているので、脱毛サロンならではの「予約が取れない問題」に悩まされることもありません。

できるだけ早く、お手頃な価格で全身脱毛に通いたいと考える方におすすめの脱毛サロンです。

ラココ

全身脱毛/月額

出典:ラココ公式サイト

プラン名 全身脱毛 月額3,000円コース
月額のタイプ 分割払い
月額料金 3,300円(税込)
(総額:118,800円)
施術頻度 最短1カ月~
1回の来店での照射範囲 全身
全身1回あたりの料金 19,800円(税込)

ラココも、月額3,300円(税込)で全身脱毛に通える料金のお手頃さが魅力の脱毛サロンです。

1回の来店で全身を施術してもらえるのですが、さらに嬉しいことに、ラココでの施術にかかる時間はなんと約20分です。これは、業界最先端でパワフルな照射が可能な「ルミクス脱毛」を採用しているからです。忙しい日々の合間に、しっかりと脱毛したい方には嬉しいポイントです。

毎月の支払いも負担になりすぎない額で、かつスピーディーに脱毛を進めたい方にぴったりなのがラココの全身脱毛です。

恋肌

全身脱毛/月額

出典:恋肌公式サイト

プラン名 恋肌の3ヵ月卒業プラン
月額のタイプ 分割払い
月額料金 1,550円(税込)
(総額:64,790円(税込))
施術頻度 最短1カ月~
1回の来店での照射範囲 全身
全身1回あたりの料金 約21,596円(税込)

月額1,550円(税込)と、今回紹介する月額制脱毛サロンのなかで最安値を誇るのが、恋肌の「3ヵ月卒業プラン」です。

月額料金が2,000円以下というと、かなりお得に見えますが、これは総額の64,790円(税込)を60回の分割払いにしたときの月額料金であることに注意しましょう。全身1回あたりの照射にかかる料金も約21,500円と、他の脱毛サロンと比べると少し高めです。

今回紹介したように「月額〇〇円」という表示に飛びつかず、全身1回あたりの料金や分割回数をしっかりと確認すると、月額制脱毛サロンを正しく比較・検討できます。

ただし、「全身脱毛を3回だけお試しで受けてみたい」「とにかく月額の負担が軽いのが嬉しい」と考える方には恋肌の「3ヵ月卒業プラン」はおすすめです。

キレイモ

全身脱毛/月額

出典:キレイモ公式サイト

プラン名 全身脱毛おすすめプラン
月額のタイプ 分割払い
月額料金 3,000円(税込)
(総額:87,780円(税込))
施術頻度 最短1カ月半~
1回の来店での照射範囲 全身
全身1回あたりの料金 24,139円(税込)

キレイモの全身脱毛お試しプランは、月額3,000円(税込)で合計4回、顔やVIOを含む全身脱毛をしてもらえます。

また、通う回数や平日かなどにあわせて選べる多彩なプラン展開も魅力です。たとえば、キレイモに通うのが平日の12時半~16時半だけの場合、同じ月額3,000円(税込)で10回の全身脱毛が可能です。

お得な月額制で、通う時間帯や施術回数にあわせてプランを選びたい方はキレイモの全身脱毛がいいでしょう。

脱毛ラボ

出典:脱毛ラボ公式サイト

プラン名 月額制脱毛プラン
月額のタイプ 月払い
月額料金 2,189円(税込)
施術頻度 最短1カ月~
1回の来店での照射範囲 全身の14分の1
全身1回あたりの料金 30,646円(税込)

脱毛ラボも、月額2,189円(税込)とかなりのお手頃価格で通える全身脱毛サロンです。利用最低期間がなく、いつでも好きなときに辞められるので、「とりあえず脱毛に通い始めてみたい」と考える方にはぴったりだといえるでしょう。

注意点は、1回の施術で照射してもらえるのは全身の14分の1であり、全身を一通り照射するまでに14カ月かかることです。全身を1回照射するまでに14カ月分の月額料金を支払わなければいけないので、必然的に総額が高くなってしまいます。

ただし、「全身脱毛をしてみたいけど、まとまったお金がない」「1回の施術で60分~90分も時間がかかるのはちょっと…」と考えている方にはぴったりです。

月払い制は気軽に脱毛を始めてみたい方におすすめ

ホームページに「月額3,000円で全身脱毛に通える!」と記載があったら、「とてもお得に脱毛できるのでは?」と思ってしまうのは当然のことです。しかし、脱毛における月額料金には気を付けるべきポイントがあることを今回紹介しました。

<月額制脱毛の2種類>

  • 月払い:通っている間支払い続ける
  • 分割払い:総額を分割して支払う

総額や施術回数があらかじめ決まっていない月払い制の脱毛を選ぶ際、想像していたものとのギャップを防ぐためには、全身1回あたりの施術にかかる料金と、施術頻度の2点をチェックしましょう。

今回の記事が、「月額〇〇円」と書いてある脱毛サロンに「安いから」という理由で飛びつかず、あなたにあっているかどうかを考えてもらえる手助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です