VIOのムダ毛の自己処理正しくできていますか?自己処理方法の特徴や注意点を解説

VIOのムダ毛の自己処理正しくできていますか?自己処理方法の特徴や注意点を解説

「衛生的にいいと聞いたので、VIOのムダ毛の処理をしてみたい」
「水着や下着から出ないようにアンダーヘアを整えたい」

そう思っている方のなかには、「でも、VIOの自己処理ってどうすればいいの?」とお悩みの方もいるかもしれません。

粘膜が近くにあり、傷つけてしまうとそこから細菌が入ってしまう可能性のあるデリケートゾーンの自己処理は、なかなか勇気がいることです。だからといって人に頼むのも恥ずかしいので、どうしたらいいか悩んでしまう方も多いかと思います。

今回は、VIOの一般的な自己処理方法5つと、それぞれの手順や注意点を解説します。

デリケートゾーンのお手入れの話は、他の人とはなかなかできないと思うので、参考にしてください。

気になるVIOのムダ毛の自己処理方法

VIOと呼ばれるデリケートゾーンのムダ毛を処理をする方法は、主に5つあります。

  1. 電気シェーバーを使う
  2. カミソリを使う
  3. 脱毛ワックスを使う
  4. 除毛クリームを使う
  5. 家庭用脱毛器を使う

肌に優しい、即効性がある、肌がツルツルになるなど、それぞれに異なる特徴があり、自分の肌タイプにあったものや「どんな風になりたいか」にあわせて選ぶことで、上手に自己処理ができるようになります。

早速、1つずつ詳しく見ていきましょう。

電気シェーバー

VIOのムダ毛の処理に電気シェーバーを使う方は多いかと思います。

電気シェーバーを使った自己処理は、肌を傷つけずにアンダーヘアを剃れるので、脱毛サロンやクリニックでも推奨されている方法です。デリケートなVIOゾーンにあまり負担をかけることなくお手入れができます。

自己処理の手順

まず注意点として、事前にハサミで毛を短く切ってから自己処理を行いましょう。長いまま電気シェーバーをあててしまうと、ムダ毛が絡まり、シェーバーが故障する原因になってしまうからです。

<手順>

  1. お風呂に入り、VIOをキレイにしてからシェーバーをあてる
  2. 毛が生えている流れにあわせてシェーバーを動かす

また、Iラインのムダ毛を処理する際は、電気シェーバーとあわせて鏡も用意しましょう。

  1. ①鏡の前に脚を開いた状態で座る
  2. ②毛が生えている流れにあわせてシェーバーを動かす

VIOは、粘膜に近い部分なので傷つけないように、明るい部屋でしっかりと確認しながら自己処理をすることが大切です。

注意点:シェーバーは毛の流れにあわせて動かす

注意点としては、電気シェーバーは毛が生えている流れにあわせて動かすことが挙げられます。流れに逆らうと、毛が肌をひっぱってしまい肌が傷ついたり、埋没毛デリケートゾーンが黒ずんだりする原因になってしまいます。

まずはハサミで長さを短くしてから、毛が生えている向きにあわせて電気シェーバーをあてるようにしましょう。

カミソリ

「ムダ毛の処理」と聞くと、まずカミソリを思い浮かべる方も多いかもしれません。

カミソリは、コンビニで購入できたりホテルのアメニティ―として用意されていたりと、とにかくどこでも手に入る便利さが特徴です。カミソリを使ったムダ毛の処理をしたことがない人はまずいないでしょう。

自己処理の手順

  1. お風呂に入り、VIOをキレイにする
  2. 肌にシェービングフォームや石鹸を塗る
  3. 毛が生えている流れにあわせて優しく剃る

カミソリでVIOのムダ毛の処理をするときも、電気シェーバーを使うときと同様に、あらかじめハサミで短く切っておくことがポイントです。

また、カミソリでの自己処理は少なからず肌を傷つけてしまうので、必ず泡立てた石鹸やシェービングフォームを使いましょう。自己処理後に化粧水やクリームでしっかり保湿をしてあげることも大切です。

注意点:肌を傷めないように注意する

電気シェーバーと違って肌に直接刃が当たるカミソリでの自己処理は、肌を傷つけてしまう可能性が高いです。ムダ毛だけでなく肌の角質まで剥がしてしまうので、デリケートゾーンの乾燥や肌トラブルを招きます。

カミソリよりも電気シェーバーを使うことをおすすめしますが、もしカミソリを使う場合は、シェービングフォームを必ず塗り、そのあとの保湿もしっかり行いましょう。

脱毛ワックス

VIOの自己処理方法の3つめは、ワックスを使うことです。特に、ワックスを使ったデリケートゾーンの脱毛は「ブラジリアンワックス」と呼ばれ、聞いたことがある方も多いかと思います。

VIOの脱毛に使われるワックスには大きくわけて2つの種類があります。

  • ソフトワックス:シートを貼って剥がすタイプ。初心者向け。
  • ハードワックス:自分でワックスを温め、溶かしてから使う。難易度が高い。

ワックスを使ってVIOを脱毛するメリットは、即効性がある点です。ムダ毛を根本から抜くので、シェーバーを使ったときのように表面がザラザラすることはありません。ツルツルの状態を約2週間~3週間保てるといわれています。

自己処理の手順

<ソフトワックスの場合>

  1. ムダ毛の長さは1センチ程に揃えておく
  2. 毛の流れにあわせてワックスを薄く伸ばす
  3. ペーパーをワックスの上に置き、おさえる
  4. 毛が生えている流れに逆らうように一気に剥がす

<ハードワックスの場合>

  1. 専用ポットなどを使いワックスを溶かす
  2. ムダ毛が生えている流れに逆らうようにワックスを塗る
  3. ワックスが冷えて固まるのを待つ
  4. 毛が生えている流れに逆らうように一気に剥がす

上記からもおわかりいただけるように、ソフトタイプとハードタイプの違いは、自分でワックスを溶かす必要があるかないかです。

ハードタイプの方が難易度が高いといわれているのは、ワックスを溶かす温度調整が難しく、適切な温度にできないと低温やけどをしてしまう可能性があるからです。

電気シェーバーやカミソリを使った自己処理とは違い、基本的にムダ毛の流れに逆らってワックスを一気に剥がします。

注意点:肌が弱い方は使わないこと

脱毛ワックスを使ったVIOの自己処理は、自宅ですぐにツルツルの肌を手に入れられるのが魅力ですが、肌に与えるダメージが強いことを覚えておきましょう。

脱毛をしたあとに肌が赤く火照ったりヒリヒリしたりする可能性があります。場合によってはかゆみが出てしまうこともあります。

もし上記のような症状が出てしまったら、保冷剤などを使ってVIOを冷やしてあげることが大切です。加えて、保湿クリームや化粧水を使ったケアも忘れないようにしましょう。

除毛クリーム

除毛クリームは、ムダ毛の主成分であるタンパク質を溶かせるアイテムです。塗ってから指定の待ち時間後にクリームをオフすることで脱毛できるので、気軽な自己処理方法としても人気です。

VIOなどのデリケートゾーンに使用する場合は、少しでも肌に与える刺激の少ない天然由来成分や保湿成分を含んだものを選ぶことをおすすめします。肌に優しい除毛クリームを選ぶと安心です。

自己処理の手順

  1. パッチテストをする
  2. ムダ毛の長さを短くそろえる
  3. 除毛クリームを塗り、指定の待ち時間待つ
  4. 付属のスポンジやティッシュ、タオルなどを使って除毛クリームを落とす

除毛クリームを使ってVIOの自己処理をする場合は、事前に必ずパッチテストを行いましょう

パッチテストとは、指定の場所に実際にクリームを塗ってみて、一定期間後にかゆみや赤み、腫れなどの異常が出ないかをチェックするものです。

パッチテストをしてみて問題がないと確認できた場合のみ除毛クリームを使って脱毛するようにしましょう。

注意点:必ず事前にパッチテストを

比較的簡単にできる除毛クリームを使った自己処理は魅力的に見えますが、意外と肌に与えるダメージが大きいので注意が必要です。

除毛クリームは、ムダ毛と一緒に肌の表面も溶かしてしまいます。肌の弱い方は使用を控えた方がいいでしょう。

また、使用前に必ずパッチテストをし、異常が出ないことを確認してから使うことが大切です。

家庭用脱毛器

  • カミソリやワックスで肌を傷つけたくない
  • サロンやクリニックに通うよりコストを抑えたい
  • 他人にVIOのお手入れをしてもらうことにどうしても抵抗がある

そんな方に人気なのが家庭用脱毛器です。

専用のカートリッジをセットして使うことで、自宅でも脱毛レーザーを照射できるようになりました。他の人にデリケートゾーンのお手入れをしてもらうのが恥ずかしいと感じている方には嬉しいポイントです。

また、脱毛サロンやクリニックに通う場合は施術の予約を取る必要がありますが、家庭用脱毛器なら自分の空いている時間を使って脱毛を進められるので、忙しくて通うのは無理という方にもおすすめです。

自己処理の手順

  1. 脱毛部位のシェービングをする
  2. 少しずつレーザーを照射していく
  3. 保冷剤などを使ってしっかり冷却、その後保湿ケア

家庭用脱毛器は、機種やメーカーによって若干使用方法に違いがあるので、必ずそれぞれの取扱説明書を確認しましょう。

ですが、基本はどの機種でも似ている部分が多く、サロンやクリニックと同様にシェービングをしてからレーザーを照射し、お手入れ後はしっかりと冷却・保湿ケアをしてあげる、という流れです。

注意点:施術時のフラッシュに気を付ける

レーザーを使ってムダ毛の処理をする家庭用脱毛器を使う際は、照射時のフラッシュへの対策が重要です。

サロンやクリニックで施術してもらう際にはタオルや専用のゴーグルで目をカバーしてもらえますが、自宅で脱毛するときにはそうはいきません。

サングラスをかけるなどして、しっかりと目を守るようにしましょう。

また、一緒に住んでいる人がいる場合は周りに配慮することも大切です。他の人がいない時間や部屋を選んでお手入れするといいでしょう。

VIOのお手入れは、脱毛サロンやクリニックに通った方がいい場合も

これまで、自分でVIOのムダ毛を処理する方法を解説してきました。

しかし、カミソリや除毛クリームなどを使った自己処理が難しいと感じたら、脱毛に通うことをおすすめします。その理由は以下の3つです。

  1. 安心、安全にお手入れできるから
  2. 恥ずかしくないよう工夫されているから
  3. デリケートゾーンを清潔に保てるから

脱毛サロンやクリニックに通えば、デリケートゾーンの自己処理で失敗することを防げるだけでなく、肌に優しいお手入れができます。

脱毛とあわせて美肌効果も期待できるサロンやクリニックもあるのも魅力です。

早速、VIOのお手入れに脱毛サロンやクリニックがおすすめの理由を解説していくので、自己処理か脱毛に通うか悩んでいる方はチェックしてください。

理由①安心、安全にお手入れできる

VIOのお手入れをするのに脱毛サロンやクリニックに通うのがおすすめの最大の理由は、安心かつ安全にお手入れができる点です。

つらい態勢をとったり鏡を使ったりと、デリケートゾーンの自己処理はなかなか大変です。

一方、脱毛サロンやクリニックでは、自分では見えにくい部位のお手入れをしてもらえるので失敗する心配がありません

デリケートゾーンの近くには粘膜もあり、自己処理で誤ってしまうと、傷つけたり炎症を起こしてしまったりする原因にもなるので注意が必要です。プロに任せた方が安心だといえるでしょう。

理由②恥ずかしさに配慮された施術方法

脱毛サロンやクリニックに通うことに抵抗がある方のなかには、「他の人(施術者)にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしいから」という理由がある方も多いのではないでしょうか。

実は、多くの脱毛サロンやクリニックが施術時の恥ずかしさを軽減させる仕組みを採用していることをご存知でしたか?

具体的には、施術中は紙のショーツを履き、照射部位だけが見えるようずらしながらお手入れしたり、丁寧に声かけをしながら照射してもらえたりと、VIOお手入れへのハードルが低くなるような工夫が多くされています。

それでも、やはり最初の数回は恥ずかしい気持ちの方が強いかもしれません。

しかし、脱毛サロンやクリニックで得られる脱毛効果や美肌効果を考えたときに、恥ずかしいけど得られる効果の方が大きい場合は、脱毛を検討してみることをおすすめします。

理由③デリケートゾーンを清潔に保てる

サロンやクリニックでのVIO脱毛をおすすめする最後の理由が、デリケートゾーンを清潔に保てることです。

脱毛サロンやクリニックに通い、プロの方に正しい方法でお手入れしてもらうことで、デリケートゾーンをキレイに保てるようになります。

自己処理では使える道具やお手入れの程度にどうしても限界がありますが、脱毛に通えば、見た目の美しさだけでなく、衛生的なキレイさも手に入ります。

生理時のムレやかゆみ、気になる匂いも防げるので、デリケートゾーンを清潔に保ちたいと思っている方は、自己処理をするよりも脱毛サロンやクリニックに通うことをおすすめします。

自分にあった方法でキレイなVIOを手に入れよう

VIOの自己処理方法とそれぞれの注意点を解説しました。記事の内容をおさらいすると以下のとおりです。

<VIOの自己処理方法>

  • 電気シェーバー:肌に優しく、もっともおすすめの方法。
  • カミソリ:肌表面の角質を剥がしてしまうので保湿ケアが重要。
  • 脱毛ワックス:その場でツルツルになれるが、肌へのダメージが強い。
  • 除毛クリーム:比較的簡単な方法だが、肌の弱い方は使えない。
  • 家庭用脱毛器:自宅でレーザーを照射できる。フラッシュへの対策が大切。

自己処理に限界を感じたり、デリケートな部位のお手入れに不安があったり方は脱毛に通うことを選択肢として考えてみることもおすすめします。

ほとんどのサロンやクリニックが恥ずかしさに配慮された施術をしているので、まずは無料カウンセリングに行ってみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です