脱毛が完了するまでどれくらいの期間がかかる?部位ごとに解説します

脱毛が完了するまでどれくらいの期間がかかる?部位ごとに解説します

「脱毛が終わるまでには、どれくらいの期間が必要なのだろう」と気になったことはありませんか?

当ページでは、脱毛が完了するまでにかかる期間を部位別に紹介していきます。

脱毛を早く完了させるコツも紹介しているので、これから脱毛を始めようと考えている方は参考にしてください。

脱毛完了までにかかる期間を脱毛サロンと医療脱毛クリニック別で解説

脱毛の効果を実感できるまでの期間や脱毛完了までにかかる期間は、脱毛サロンと医療脱毛クリニックで異なります。

まずは期間の違いをおさえましょう。

医療脱毛の場合

医療脱毛は、レーザーを利用した脱毛方法です。

脱毛サロンで導入されている光脱毛に比べて照射する力が強いため、効果を実感できるまでの期間は短めです。

以下では医療脱毛にかかる期間や回数、部位ごとの期間や回数について詳しく解説します。

全身脱毛

医療脱毛クリニックで全身脱毛を行った場合、脱毛サロンに比べて脱毛完了までの回数や期間は圧倒的に短いです。

  • 自己処理が不要になる回数:約8回
  • 完全に脱毛が完了する回数:10回以上
  • 期間:約2年~3年

ただし部位によって毛の濃さが異なるため、全身がツルツルの状態になるまでの回数に個人差があることは理解しておきましょう。

ワキ

ワキは比較的早い段階で脱毛効果を実感できる部位。
5回程度で自己処理が不要になる方が多いです。

  • 自己処理が不要になる回数:約5回
  • 完全に脱毛が完了する回数:6回以上
  • 期間:約1年~1年半

ワキは身体の中でも特に自己処理の頻度が特に高い部位であり、脱毛に通う前から薄い状態になっていることが多いです。
なので比較的短い期間で脱毛が完了します。

とはいえ5回で完全に脱毛が完了しない場合があるので、ツルツルにしたい方は6回以上を目安に通うようにしましょう。

腕や足

腕や足は人の目が触れる場所なので、ワキと同様に日常から自己処理している方も多い部位。
ワキ脱毛と同様の回数ですが、ワキよりも毛が細くて薄いことが特徴です。

  • 自己処理が不要になる回数:約5回
  • 完全に脱毛が完了する回数:6回以上
  • 期間:約1年~1年半

人によってはもう少し早くツルツルの状態を実感できる可能性もあります。

VIO

VIOは一般的に濃く太い毛が多いため、脱毛効果を実感するまでに時間がかかる部位だといわれています。

自己処理が不要になる回数 完全に脱毛が完了する回数 期間
Vライン 約5回 約6回 1年~1年半
Iライン 約8回 約10回 2年~3年
Oライン 約8回 約10回 2年~3年

VラインよりもIラインとOラインの方が期間が長いのが特徴です。

またデリケートゾーンであるVIOは施術時に痛みを感じやすいことがネック。
施術中恥ずかしい体勢になるのが嫌で、途中で脱毛をやめてしまう方も少なくはありません。

脱毛完了までのハードルが少し高い部位ともいえます。

顔は他の部位に比べて施術回数が増える傾向にあります。

  • 自己処理が不要になる回数:約8回
  • 完全に脱毛が完了できる回数:10回以上
  • 期間:約2年~3年

少なくとも毛が目立たなくなるまでに2年はかかると思っておくといいでしょう。

脱毛サロンの場合

医療脱毛クリニックより安く施術したいという方には、脱毛サロンがおすすめです。

しかし照射する力が弱いため、脱毛完了までには時間がかかりやすい点がネック。
ツルツルにしたいなら長期戦になることを覚悟しておく必要があるでしょう。

ここから脱毛の効果を得られる期間や回数について詳しく解説します。

脱毛サロンの脱毛完了までにかかる期間は下記を参考にしています。

参考:全身脱毛にかかる期間や回数は?効果が出始めるのは何回目から? – ミュゼプラチナム

全身脱毛

全身脱毛の場合、効果を実感できるようになるのは6回目くらいからといわれています。

  • 効果を実感できる回数:約6回
  • 完全に脱毛が完了する回数:18回以上
  • 期間:3年以上

都心であればあるほど混みやすく、予約が取りにくい脱毛サロンも少なくはありません。

18回通うことを踏まえると、通いやすくて予約が取りやすい脱毛サロンを選ぶことが大切です。

ワキ

脱毛サロンでワキの脱毛をした場合、効果を実感し始めるのは6回目くらいからといわれています。

  • 効果を実感できる回数:約6回
  • 完全に脱毛が完了する回数:12回~18回
  • 期間:3年以上

前述の通りワキは早い段階で効果を実感しやすいので、6回通っただけでも日々の自己処理がかなり楽になるはずです。

とはいえ毛が太く量も多いので、照射する力が弱い脱毛サロンの場合は根気よく通う必要があることを覚えておきましょう。

腕や足

ワキやVIOほど毛が濃くない腕や足は、3回~4回程度通えば脱毛効果を実感できるといわれています。

  • 効果を実感できる回数:3回~4回
  • 完全に脱毛が完了する回数:約12回
  • 期間:2年以上

最初の数回通うだけでも効果を実感できるため、自己処理が大変だと感じている方にもおすすめです。

ただし腕・足は人目に触れる部位なので、完璧な状態を求めるなら継続的に通う必要があることを頭に入れておきましょう。

VIO

太くて濃い毛が密集しているVIOは、6回程度通えば脱毛効果を実感できるといわれています。

  • 効果を実感できる回数:約6回
  • 完全に脱毛が完了する回数:12回~18回
  • 期間:2年~3年以上

VIOは脱毛しても数カ月後には生えそろうこともあるので、施術が長期間に及ぶ傾向にあります。

ただしVIOは完全にツルツルの状態にするのではなく「薄くするくらいにしたい」という方もいらっしゃるでしょう。
ナチュラルな毛の量を目指すのであれば、もう少し短い期間で脱毛は完了します。

自分が理想としているVIOがどんな状態かはっきりとさせた上で施術回数を見極めましょう。

顔の毛は薄くて細い場合が多く、あまりムダ毛が目立たない部位。
そのため全身の中でも特に脱毛効果を実感しにくい傾向にあります。

  • 効果を実感できる回数:6回~12回
  • 完全に脱毛が完了する回数:12回~18回
  • 期間:2年~3年以上

とはいえ脱毛効果を実感できるまでは個人差があるので、期間や回数が前後することは覚えておきましょう。

脱毛が長期間に及ぶ場合の注意点

全身脱毛をする場合や脱毛サロンに通う場合は、脱毛が長期間に及ぶ可能性があります。

施術回数を必要以上に増やさないためにも、下記のポイントをチェックしておきましょう。

適切な頻度で通う

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通う際は、施術する間隔を意識しましょう。
間隔を空けすぎた場合、施術する予定だった部分で処理できる毛が少なくなる可能性があります。

予定した日に十分な施術ができないと、最終的に施術回数が増える恐れがあります。

また施術間隔を詰めて早く脱毛を終わらせたいと考える方もいるでしょう。
しかし毛には周期(毛周期)があるため、間隔を詰めたからといって早く脱毛を完了できるわけではありません。

部位にもよりますが施術は1カ月~3カ月に1回の頻度が推奨されているため、自分の負担にならないよう適切な頻度で通いましょう。

日焼けを控える

日焼けをしている肌は炎症がある状態と同じで刺激に弱くなっているので、脱毛に適した状態ではありません。

日焼けした肌にレーザーを照射した場合はやけどする恐れもあります。

元の状態に戻るまで施術できない脱毛サロンや医療脱毛クリニックもあるので、日頃の日焼け対策が重要です。
脱毛期間中は日焼け止めクリームをこまめに塗る日傘を活用するなど、肌が焼けないように気を付けましょう。

また脱毛後の肌も非常にデリケートな状態なので、同様に日焼け対策を徹底してください。

脱毛部位は日頃から入念に保湿ケアを行う

乾燥している肌は敏感な状態。
脱毛効果が弱まる可能性があるため、十分に保湿しましょう。

肌の水分量が多いほど高い脱毛効果が期待できます。
また毛の周期が乱れることもないので、正常なタイミングで生え変わるでしょう。

逆に肌荒れや乾燥などの肌トラブルがあると、毛の周期が乱れやすくなるので脱毛効果が弱くなってしまう恐れがあります。

脱毛完了までの期間が延びてしまうので、脱毛する部位は日頃から十分な保湿ケアが必要です。

脱毛後のケアを忘れずに行う

日常のケアに加えて、脱毛後のケアも忘れずに行いましょう。

施術後の肌は敏感で乾燥しやすい状態なので、ケアを怠ると肌トラブルに見舞われてしまう可能性があります。

肌トラブルを避けるために、施術後はしっかりと肌をケアしましょう。
まずは熱を取り、肌を十分にクールダウンすることが大切です。

その上で刺激の少ない保湿剤を用い、しっかりと肌に水分を補給してあげましょう。

もし十分にケアをする時間が取れない場合は、脱毛後のアフターケアを行ってくれる脱毛サロンや医療脱毛クリニックもおすすめです。

肌のコンディションを整えておくことで、高い脱毛効果が期待できるでしょう。

効率よく脱毛を完了させるコツ

上述しましたが脱毛は、部位によって施術が長期間にわたることがあります。
「できれば早く脱毛を終わらせたい」と思っている方も多いでしょう。

そこで以下では、脱毛を効率よく完了させるコツを紹介します。
少しでも脱毛を早く終わらせたいと考えている方は、参考にしてください。

毛周期と生理周期を意識する

脱毛をする際には毛周期を意識しましょう。
毛周期とは、以下3点で構成されている毛が生えてから抜けるまでのサイクルのことです。

特徴 脱毛効果
成長期 毛が成長する もっとも期待できる
退行期 伸びきった毛が抜け落ちる 現れにくい
休止期 発毛を止めている状態
(毛穴に毛がない状態)
現れにくい

毛周期には個人差がありますが、およそ2カ月~3カ月のサイクルだといわれています。

しっかりと期間を空け、成長期のタイミングを狙って脱毛するのがおすすめです。
成長期にあわせて通うことで、効率よく脱毛することができます。

またVIO脱毛や全身脱毛される方は、生理周期も意識する必要があります。
生理期間中はデリケートゾーンの施術ができないからです。

毛周期と生理周期を把握し、効率よく脱毛しましょう。

参考:脱毛と毛周期の関係とは?部位別の毛周期と効果的な脱毛期間

照射範囲を確認する

脱毛を早く完了させたいのであれば、照射範囲も確認しておきましょう。

たとえば全身脱毛の場合、一度にすべての部位に照射してもらえるとは限りません。
脱毛サロンや医療脱毛クリニックによっては、一度の照射で特定の部位しか施術してもらえない場合もあります。

そうなってしまうと、全身を1回分脱毛するだけでもかなりの期間を要することになるでしょう。

効率よく脱毛したいのであれば、一度に照射できる範囲を事前に確認することが大切です。

自己処理は指定された方法で行う

脱毛期間中だからといって、毛が全く生えてこないわけではありません。

ムダ毛が生えた場合は、施術前に自己処理を行う必要があります。

ただし脱毛サロンなどで指示された方法とは異なる方法で処理をすると、肌を傷つけてしまう可能性も。

特に毛抜きは肌や毛穴にかかる負担が大きく、肌トラブルの原因となりやすいので注意しましょう。

自己処理をする場合は、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで指定された方法で行うことが大切です。

体調管理を怠らない

脱毛期間中には体調管理も重要です。
体調不良の場合、施術ができない脱毛サロンや医療脱毛クリニックも多いからです。

また、ストレスや不規則な生活はホルモンバランスの乱れを引き起こします。

それが原因となって肌荒れといった肌トラブルが生じれば、結果として施術回数が増えてしまうことにもなりかねません。

もし不規則な生活を送っているのであれば、今からでも生活習慣を見直しましょう。

肌トラブルのリスクを避けるためにも、規則正しい生活を心がけることが大切です。

まとめ

今回は医療脱毛クリニックと脱毛サロン、それぞれの脱毛期間や回数について解説しました。

脱毛を考えている方にとって、大まかな目安になったのではないでしょうか。

とはいえどちらの場合も、すぐに効果を実感できるわけではありません。
何度か通うことによって、少しずつ脱毛効果を実感できます。

今回紹介した脱毛期間の目安などを参考に、理想的な肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です