子どもに脱毛させても大丈夫?子どもでも通える脱毛サロンを紹介します

【内容確認中】子どもに脱毛させても大丈夫?子どもでも通える脱毛サロンを紹介します

子どもの脱毛についてどのように考えていますか?最近では、子ども向けの「キッズ脱毛」ができる脱毛サロンが登場するなど、子どもの脱毛に注目が集まっています。

しかし、「子どもの脱毛は何歳からはじめられるの?」「危険性はないの?」など不安に思う方もいるでしょう。

ここでは、子どもの脱毛に関する気になる疑問と、脱毛のメリットとデメリットを解説します。記事の後半では、子ども向け脱毛を行っている脱毛サロンも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

子どもの脱毛の気になる疑問を解説

「子どもに脱毛は必要ないのでは?」と感じる方もいるでしょう。しかし、学校や習い事で着替える際にムダ毛をコンプレックスに感じてしまう子どもはたくさんいます。

実際に、10〜30代の男女2,818名に行った「ムダ毛が気になり始めた時期」を聞いたアンケート結果を見てみましょう。

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」が2019年に行ったアンケートによると、「ムダ毛が気になり始めた時期」は、小学校以前〜中学3年生くらいと回答した方が多いです。


出典:TesTee Lab.「ムダ毛処理に関する調査レポート【貝印コラボ】」

ムダ毛を気にした経験があると回答した人を対象に、ムダ毛が気になり始めた時期を尋ねたところ、「中学生まで」の時期に気になり初めた人は中高生では男女ともに約9割となり、20〜30代の男性では約5割、20〜30代女性では約8割となりました。
引用:TesTee Lab.「ムダ毛処理に関する調査レポート【貝印コラボ】」

アンケート結果からも、小学生から思春期にかけて、ムダ毛に悩む子どもが多いことがわかります。特に、女性の場合は「小学生以前」と答えた割合が多く、非常に早い段階から脱毛意識が芽生えているといえるでしょう。

子どもが脱毛を希望したとき、まず気になるのは「危険性はないのか」という点ではないでしょうか。あわせて、「何歳から脱毛できるのか」も気になる点でしょう。ここからは、子どもの脱毛に関する気になる疑問を解説していきます。

何歳からはじめられる?

子どもの脱毛は何歳からはじめられるのでしょうか?

実は、脱毛できる年齢は具体的に定められていません。脱毛サロンによっては「3歳の女の子が通っています」や「7歳からできます」と表記しているサロンもあり、幼い年齢から脱毛サロンに通っている子どももいます。

子ども向けの「キッズ脱毛専門サロン」であれば、しっかりカウンセリング行った上で進めるので、安心して通わせて問題ないでしょう。

ただ、1つ覚えておきたいのは、子どものホルモンバランスについてです。ホルモンバランスが不安定だと、脱毛によって肌荒れしてしまう可能性も否定できません。

さらに、毛が生えそろっていないと脱毛効果が弱くなることもあります。場合によっては、成長に応じて「今まで生えていなかった部位(デリケートゾーンなど)に毛が生えてしまう」ケースもあるでしょう。

このようなケースも考えられるため、多くの脱毛サロンでは15歳以上の施術を奨めています。
参考:帯広中央クリニック「子どもの脱毛について。何歳から脱毛できる?」

何歳からはじめられると明確に決まっているわけではありませんが、15歳以上からの脱毛が推奨されていることがわかりました。

とはいえ、それより前に脱毛できないわけではありません。子どもの希望に応じて、どのような脱毛方法をするか親子で相談して選ぶといいでしょう。

子どもの脱毛に危険性はある?

子どもの脱毛に危険性はあるのでしょうか?

子どもの脱毛は「危険」とは言いきれません。

ただ、子どもの肌はとてもデリケートで、刺激に弱い状態です。特に、幼い子どもはよりデリケートなので、細心の注意を払う必要があるでしょう。

そのため、自己処理する場合でもなるべく低刺激なものを選ぶ必要があります。

たとえば、除毛クリームを使用する場合、クリームによって年齢制限が設けられていることがありますが、最近では子ども向けの除毛クリームも販売されています。

「子どもOKな除毛剤かどうか」を確認するとともに、使用前は必ずパッチテストを行いましょう。

キッズ脱毛ができる専門店の場合、事前にカウンセリングを受けられます。子どもの脱毛を考えている場合は、自己処理する前に、一度サロンで無料カウンセリングを受けるとイメージを掴みやすいのではないでしょうか。

子どもが脱毛するメリットとデメリットは?

子どもの脱毛に関する疑問を解説しました。ここからは、子どもが脱毛するメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

メリット

メリットは、やはり「子どものコンプレックスを解消できる」という点でしょう。

先ほどのアンケート結果からもわかるように、幼い頃からムダ毛が気になっている子どもが多いのは事実です。特に、女性の場合はよりコンプレックスを感じてしまうこともあるでしょう。

悩みを抱えているなら尚更、毛に関する悩みや不満から解放されるのは大きなメリットといえます。

また、近頃では海外留学する子どもも増えてきています。ムダ毛処理が常識という国もあるので、留学を機に脱毛するケースも少なくありません。
参考:総合美容機器メーカーNBS「注目が集まる子ども脱毛!その理由は?」

このように、子どもの希望がある場合や親子で納得している場合であれば、子どもの脱毛はメリットといえるでしょう。

デメリット

デメリットとして挙げられるのは、やはり肌への負担です。脱毛方法や肌の状態によっても与えるダメージやリスクは変わってきますが、子どもの肌は基本的にデリケートなものです。

子ども向け脱毛を専門的に行っているサロンであれば、リスクは軽減できるかもしれませんが、自己処理の場合はさらに注意が必要でしょう。

また、脱毛サロンに通う場合は、費用がかかってしまいます。大人に比べていくらかお得に設定されている場合もありますが、それでも決して安い金額とはいえません。

ムダ毛に関して、強いコンプレックスを抱えている場合は、なるべく早く子ども脱毛をした方がいいかもしれませんが、強い希望がないのであれば、ホルモンバランスの落ち着く15歳あたりまで待ちましょう

子どもがムダ毛の処理をするなら脱毛サロンと自己処理どっち?

子どもがムダ毛の処理をするなら、脱毛サロンと自己処理どちらがいいのでしょうか?それぞれの特徴を解説します。

脱毛サロン

一般的な脱毛サロンはホルモンバランスが落ち着いた15歳以上の施術を推奨しています。しかし、なかには子ども向けの「キッズ脱毛」を行う脱毛サロンもあります。

このようなサロンの多くは、痛くない脱毛を掲げています。なかでも、「ハイパースキン脱毛」という脱毛方法を採用したサロンが多い傾向にあります。

一般的なサロンで用いられている「フラッシュ(光)脱毛」は、光の熱で毛根にダメージを与えています。


出典:Dioneの痛くない脱毛
一方、ハイパースキン脱毛は、毛穴に特殊な光を照射して発毛の元になる因子を分裂させることで、発毛そのものを予防します。そのため従来の脱毛法よりも、痛みを感じにくくなっています。

さらに、肌トラブルが起きにくいのも嬉しいポイントでしょう。また、日焼けした肌でも脱毛可能なのはハイパースキン脱毛ならではといえます。

このように、最新のハイパースキン脱毛を用いた専門サロンなら、比較的安心して脱毛できるのではないでしょうか。

ただし、脱毛サロンに通う場合は、契約前に無料カウンセリングを行いましょう。特に、子どもに通わせる場合、念入りにチェックする必要があります。

疑問点を質問するとともに、「サロンの子どもに対する脱毛実績はどうか」なども確認するとより安心できるでしょう。

自己処理

「脱毛サロンに通うまでもない」と感じる方は、自己処理をしてもいいでしょう。

しかし、自己処理は脱毛サロンと比べると肌へのダメージリスクが高くなってしまう点は注意が必要です。

自己処理の方法は以下が一般的でしょう。

  • カミソリやシェーバー
  • 家庭用脱毛器
  • 毛抜き
  • 除毛クリーム
  • 脱色して目立たなくする

サロンに通うよりお手軽なのは確かです。しかし、このような方法は皮膚への刺激が強く、肌トラブルの原因になってしまうことも考えられます。

除毛クリームなどを使用する際は、なるべく刺激の少ないものを選びましょう。

さらに、自己処理後は肌が乾燥してしまうので、保湿ケアも欠かせません。化粧水や乳液、保湿クリームなどでしっかり水分を補ってあげましょう。

子どものムダ毛の処理はリスクや仕上がりの観点から、なるべく専門の脱毛サロンで施術を受けることをおすすめします。ただ、サロンではなく自己処理を選ぶ場合は、以下の点を意識しましょう。

  • なるべく刺激の少ないものを選ぶ
  • 説明書をよく読み、子どもが使用可能かどうか判断する
  • パッチテストを必ず行う
  • 保湿をしっかり行う
  • 慣れるまで親子で一緒に脱毛する

子どもの脱毛ができる脱毛サロン

ここからは子どもの脱毛ができる脱毛サロンを紹介していきます。ぜひ、参考にしてください。

ディオーネ


出典:ディオーネ公式サイト

店舗数 120店舗
脱毛部位 全身脱毛
料金 <お子様全身脱毛コース>
3歳:198,000円(税込) 4歳:220,000円(税込) 5歳:242,000円(税込)
6歳:264,000円(税込) 7歳:286,000円(税込) 8歳:308,000円(税込)
9歳:330,000円(税込) 10歳:352,000円(税込) 11歳:374,000円(税込)
12歳〜15歳:396,000円(税込)
回数 12回
施術可能な年齢 3歳から
キャンペーン情報 ・子供脱毛体験を実施
※中学3年生までの女の子、小学3年生までの男の子対象
※初回限定

ディオーネは、「3歳から脱毛OK」と謳っている脱毛サロンです。3歳から脱毛可能なのは業界内で比較しても、かなり珍しいサロンです。

全国120店舗展開しているため、通いやすさも魅力です。

ハイパースキン脱毛を採用しているので、従来の脱毛に比べて痛みが少ないのが特徴といえます。脱毛サロンでよくある「ヒヤッとする冷却ジェル」を使わないのも嬉しいポイントでしょう。

また、ディオーネでは保護者も脱毛体験を受けられます。「実際の痛みはどうか?」「肌はどうなるのか?」などを自分の目と体で感じられるため、保護者目線からもイメージしやすいでしょう。

さらに、ドクターサポートがついているので、万が一トラブルがあった場合も安心です。

<ディオーネがおすすめの方>

  • 幼い年齢から脱毛したい方
  • ハイパースキン脱毛が気になる方
  • 親も施術体験を受けてから決めたい方
  • 店舗数の多いサロンを探している方

エピレ


出典:エピレ公式サイト

店舗数 13店舗
脱毛部位 鼻下や両ヒジ下など全19部位から2箇所
料金 <キッズ脱毛ファーストプラン>
9,900円(税込)
回数 1回(※2箇所もしくは同部位を2回)
施術可能な年齢 7歳から
キャンペーン情報 キッズ脱毛ファーストプラン:初回限定で最大95%オフの490円(税込)
両ワキ脱毛プラン:初回限定で6回分が500円(税込)

エステサロンTBCが運営しているエピレは、高い顧客満足度を誇る脱毛サロンです。(公式サイト上の接客への満足度「96%」)13店舗と数は少ないものの、クオリティの高さは期待できるサロンといえます。

7歳から施術可能なエピレの「キッズ脱毛」の特徴は、部分的な脱毛ができる点にあります。

自分たちのペースで脱毛を進められるほか、身体の気になる部位を選んで施術できるので、全身脱毛に比べて肌への負担は少ないでしょう。

さらに、はじめての方限定ですが、500円(税込)で両ワキの施術を受けられます。お試し価格だとしても、かなりお得だといえるでしょう。

そのため、「まずは脱毛を体験してみたい」と感じている方は、エピレを選ぶのをおすすめします。

また、初回はサロンスタッフとカウンセリングができるため、具体的な施術のイメージが掴みやすいでしょう。

<エピレがおすすめの方>

  • 顧客満足度が高いサロンを探している方
  • 気になる部位だけ脱毛したい方
  • 自分たちのペースで脱毛したい方
  • まずは脱毛を試したい方

子どもに脱毛させる前に知っておきたい注意点

子どもの脱毛は、なるべく脱毛サロンで行うといいということがわかりました。ここからは、子どもに脱毛させる前に、知っておきたい知識を紹介していきます。

日焼けに注意

先ほども説明しましたが、日焼けには注意が必要です。

脱毛した肌は乾燥しやすい上にダメージを受けやすくなっています。そこに紫外線を強く浴びてしまうと、より肌の状態が悪化してしまう恐れがあるからです。

そのため、脱毛日の前後は紫外線を避け、日焼け対策を徹底しましょう。

外に出る機会が多い子どもの場合、紫外線の少ない秋〜冬にかけて脱毛サロンに通うのもおすすめです。

なるべくホルモンバランスが安定してからサロンに通おう

多くの脱毛サロンはホルモンバランスが安定した15歳以上の施術を推奨しています。それよりも幼い年齢から脱毛可能な専門サロンは、実績や経験もあり安心できますが、子どもの肌へのダメージがゼロとはいえないでしょう。

とはいえ、子どもが自己処理するより肌トラブルを抑えられるのは事実です。

「子どもがどれくらい強く脱毛を希望しているのか」を親子でよく話し合って、互いに納得した形で進めるのがいいでしょう。

また、自己処理をする場合は日焼け対策を徹底するとともに、保湿もしっかり行うように意識しましょう。

親権者同意書や同伴が必要

未成年者がサロンで脱毛を受ける場合、親の同意が必要です。さらにキッズ脱毛だと、初回カウンセリングだけではなく毎回の施術時に同伴が必要な場合もあります。


出典:エピレ公式サイト「未成年(19歳以下)のお客様へ」
たとえば、7歳から脱毛可能なエピレは、「15歳以下」「高校生、高専生」「高校生以外の未成年」で対応が変わります。

15歳以下の場合だと、親権者がカウンセリング予約することと、カウンセリングに親権者が同席することが定められています。概ね同様のルールですが、脱毛サロンによって若干異なる場合もあるので、注意が必要です。

まとめ

「子どもに脱毛は必要か?」「危険性はあるのか?」「何歳からはじめられるのか?」など、気になる疑問を解説しました。

ムダ毛にコンプレックスを抱えている子どもも多く、脱毛する方は増えています。ただ、一時の感情で決めるのではなく、親子でしっかりと話し合うことが重要です。まとめると、以下の通りです。

  • 子どもの脱毛をはじめる年齢に明確な定めはない
  • 子どもの脱毛は肌にダメージを受けるリスクも考えられる
  • ホルモンバランスが整った15歳あたりからがベスト
  • 自己処理より脱毛サロンの方が安心
  • 日焼けと保湿はしっかり行う

子どもの脱毛は賛否両論ありますが、必ずしも悪いものではありません。確かに肌にダメージを与える可能性は否定できませんが、子どもがコンプレックスを抱えている場合、それを解消するのも大切でしょう。

脱毛の痛みや肌へのダメージが気になる方は、従来の脱毛法より痛みが少ないハイパースキン脱毛を採用しているサロンを選ぶのをおすすめします。また、脱毛サロンに通う場合は、親子でカウンセリングを受けて、脱毛のイメージを掴むといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です