背中のムダ毛の自己処理正しくできていますか?自己処理方法の特徴や注意点を解説

背中のムダ毛の自己処理正しくできていますか?自己処理方法の特徴や注意点を解説

意外と見られている部位なのに、自己処理をするとなると手が届かなかったり範囲が広すぎたり、なにかと苦労の多いのが背中です。

後ろ姿にまで気を使ってこそキレイになれるとわかっているのに、「背中のムダ毛の自己処理はどうしたらいいんだろう?」と悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで、背中のムダ毛を自己処理する方法と、それぞれの手順や注意点を解説していきます。

  • 背中のムダ毛を処理する方法が知りたい
  • 細部までぬかりなくキレイになりたい
  • ワンランク上のキレイな肌を目指したい

そんな風に思っている方は、参考にしてください。

背中のムダ毛の自己処理方法

背中のムダ毛を自己処理する方法としてもっとも一般的なのは以下の4つです。

  1. カミソリ
  2. 電気シェーバー
  3. 除毛クリーム
  4. 脱毛テープ

それぞれに異なった特徴があるので、早速1つずつ見ていきましょう。

カミソリ

カミソリは、ムダ毛処理のもっとも一般的なアイテムです。コンビニや薬局で手軽に購入できるので、もしお出掛け先でムダ毛の処理を忘れていたことに気が付いたとしてもすぐ手に入る安心さがあります。

どこでも手に入り価格も安いのでムダ毛の自己処理をする際によく使われますが、実は肌に与えるダメージが大きいのも忘れてはいけないポイントです。ムダ毛と一緒に肌の表面を削ってしまうので、シェービングフォームや石鹸を使ってしっかりと肌にクッションを用意してあげましょう。

自己処理の手順

  1. 髪が長い場合はまとめておく
  2. 背中に、シェービングフォームや泡立てた石鹸をしっかりと広げる
  3. 毛が生えている流れにあわせてカミソリを動かしていく

意外と勘違いしている方が多いのが、「カミソリは毛の生えている流れにあわせて動かす」ことです。

毛の流れに逆らうように動かした方が根元から剃れるような気がしてしまいますが、実はそんなことはありません。カミソリを逆立ててあてることで、むしろ毛穴を傷つけてしまったり色素沈着を引き起こしたりする原因になります。

カミソリを使って背中のムダ毛を処理する際は、必ず毛の生えている流れにそって動かすことを覚えておきましょう。

注意点:剃り残しのないように

カミソリでの自己処理は、剃り残しが出やすい点が気になる方も多いでしょう。背中のような広い部位に対し、小さなカミソリですべてのムダ毛を処理するのはなかなか大変なことです。

特に、背中の中心部には手が届かなく、鏡を2枚用意してあわせ鏡のようにしないと全体を見るのが難しい場合もあります。1人で完璧にムダ毛を処理するのは大変なので、家族や恋人に手伝ってもらっている方もいるのではないでしょうか?

しかし、なかには「誰かに背中の毛を剃ってもらうなんて恥ずかしい」と感じる方もいるかと思います。気の許せる家族や、理解のある恋人であれば頼むことができても、すべての人がそうとは限りません。

電気シェーバー

背中のムダ毛を自己処理する方法の2つめは、電気シェーバーを使うことです。

カミソリと違って肌に直接刃が当たらないので、肌を傷つけることなくムダ毛の処理ができるおすすめアイテムです。脱毛サロンやクリニックでも自己処理には電気シェーバーを使うことを推奨しています。

電気シェーバーといっても、実はいくつかタイプがあることをご存知でしたか?一般的なのは、身体や顔などに使える万能なI字タイプのものですが、最近は背中専用のタイプも登場しています。

普通のカミソリとの違いは、長さがある点です。折りたたみ式のものや付属のグリップを付けることで長さを足せるようなものがあります。これにより、一人ではなかなかお手入れしづらい背中の中心まで届くようになりました。

自己処理の手順

  1. 髪が長い場合はまとめておく
  2. あわせ鏡などを上手く使いながらシェービングする
  3. 化粧水やクリームを塗り、しっかりと保湿

電気シェーバーでムダ毛の自己処理をする場合、シェービングフォームや泡立てた石鹸は不要です。カミソリと違って肌に直接刃が当たらないようになっているので、クッションなしでお手入れできます。

注意点:とにかくケガしないように

カミソリを使う際にも同じことがいえるのですが、電気シェーバーを使って背中のムダ毛処理をするときは、とにかくケガすることのないよう気を付けましょう。

ちょっとした刃の向きや力の加減が難しい背中の自己処理は、肌を傷つけてしまう可能性があります。さらに、傷口から細菌感染してしまうこともあるかもしれません。

あわせ鏡を使ったり背中専用のシェーバー以外を使ったりと、自己処理するのが難しいと感じる場合、家族や恋人に手伝ってもらう方法もあります。姉妹がいる場合は、互いに手伝いあってもいいかもしれません。

除毛クリーム

背中のムダ毛を処理する方法の3つめは、除毛クリームを使うことです。

除毛クリームとは、ムダ毛の主成分であるタンパク質を溶かしてくれる働きをもつものです。お手入れ箇所に塗って数分間放置し、クリームを落とすことでムダ毛を取り除きます。

除毛クリームを使ったお手入れの最大の特徴は、ケガをする心配がない点です。カミソリや電気シェーバーのように刃を使わないので、肌を傷つけることはありません。

ただし、ムダ毛と一緒に肌の表面も溶かしてしまうので、肌が弱い方にはおすすめできません。使用の前に必ずパッチテストをし、異常が出ないかを確認してから使いましょう。

自己処理の手順

  1. 髪が長い場合はまとめておく
  2. 乾いた背中にムラのないよう除毛クリームを塗る
  3. 指定の時間待ち、一部のクリームを取り除いてみて、除毛できているかを確認
  4. 問題なければ、水かぬるま湯をかけながら全体の除毛クリームを取り除く
  5. その際、スポンジやティッシュを利用する場合は優しく円を描くように、こすらない
  6. 化粧水やクリームを塗り、しっかりと保湿

塗ってから数分間放置し、洗い流すことでムダ毛の処理ができる除毛クリームは、誰でも簡単にキレイな背中が手に入るのが特徴です。刃を使わないので、直接肌を傷つける心配がないのも嬉しいポイントだといえます。

ただし、ムダ毛を溶かす除毛クリームのパワーは強く、肌にまったくダメージを与えないわけではないので注意しましょう。少しでも刺激の弱いものを使いたい場合は、保湿成分や天然由来の成分を含んだ除毛クリームを選ぶと安心です。

注意点:ニキビや肌荒れがある場合は使用を避けて

どのお手入れ方法にもいえることですが、背中にニキビや吹き出物があるときに自己処理をすると、皮膚を傷つけるだけでなく、思わぬ肌トラブルを招く可能性もあります。背中のムダ毛を溶かす除毛クリームは、肌の表面にもダメージを与えるからです。

また、たとえ今はニキビがなくても、除毛クリームを使うことで肌に負担がかかり、それが原因でニキビができてしまうこともあります。

どんな方法でお手入れするにせよ、まずは日頃から背中のスキンケアをしっかりとし、ニキビや肌荒れのない状態をキープしておくことが大切です。

脱毛テープ

お手入れ範囲の広い背中のムダ毛処理方法として、脱毛テープも人気があります。背中は毛の生えている範囲も広いので、脱毛テープやワックスシートを使って一気に処理した方が簡単です。

また、1つのパッケージに数枚入っていることが多いので、カミソリや電気シェーバーを使って剃ったあと、剃り残しのある場所にだけ脱毛テープを貼るというような、補助的な使い方をすることもできます。

テープに張り付いたムダ毛を見ると満足感を得られるかもしれませんが、毛の流れに逆らって一気にテープを剥がすことは肌にも大きなダメージを与えているので注意が必要です。

自己処理の手順

  1. 髪が長い場合はまとめておく
  2. 手の熱でシートを温め、乾いた肌に貼る
  3. 指定の時間待ってから、毛の流れに逆らって一気にはがす
  4. ぬるま湯でよく流す
  5. 冷水で肌を引き締める
  6. 化粧水やクリームを塗り、しっかりと保湿

脱毛テープを利用する場合は、とにかく念入りなアフターケアが必要です。繰り返しになりますが、毛の生えている流れに逆らって一気にテープを剥がすことは、私たちが思っている以上に肌にダメージを与えます。

お手入れ後にきちんとケアをしないと、思わぬ肌トラブルを招く原因になるので注意が必要です。

注意点:剥がすときの痛みが強い

脱毛シートを使ってムダ毛を処理するときに気になるのが、剥がすときの痛みです。背中に生えている毛を引きちぎることになるので、肌に与えるダメージも大きいです。

少しでも痛みを軽くするためには、なるべく一気にテープを剥がすようにしましょう。自分で剥がすのが難しい場合は、家族や恋人に頼んでもいいかもしれません。

また、脱毛テープを使ったあとの肌が赤くなり熱を持つこともあります。ニキビや肌荒れなどのトラブルを防ぐためにも、お手入れ後はしっかり保湿をしてあげることが重要です。

自己処理が大変だと感じたら脱毛がおすすめ

  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • 除毛クリーム
  • 脱毛テープ

を使った背中のムダ毛の自己処理方法と、それぞれの注意点を解説してきました。

ここまで読んだ方のなかには、「それぞれ特徴が異なるのはわかったけど、どれも肌に負担を与えることには変わりないのか…」と感じている方もいるかもしれません。

そのような場合は、脱毛に通うという選択肢を増やしてみることをおすすめします。理由は主に3つあります。

  1. 背中は自己処理の難しい部位だから
  2. 安全性が高いから
  3. 自分でやるより仕上がりがよくなるから

1つずつ順を追って解説していきます。

理由1.背中は自己処理が難しい

背中は、毛が生えている範囲が広く手の届きづらい場所でもあるので、自己処理をするのが難しい部位だといえます。しかし、脱毛に通えば、知識を持ったプロのスタッフや医師が代わりにお手入れをしてくれるので、自己処理の煩わしさから卒業できます。

今まで恥ずかしながらも家族や恋人にシェービングや脱毛テープを剥がす作業を手伝ってもらっていた方も、お願いする必要がなくなるのは嬉しい点です。また、脱毛クリニックなら永久脱毛ができるので、背中のムダ毛の自己処理から完全に卒業することも可能です。

サロンやクリニックに通うとなると自己処理するのよりコストがかかるのは事実ですが、

  • 今後他の人にお願いする必要がなくなる
  • 永久脱毛をすれば自己処理から完全卒業できる

などのメリットを考えると、背中のように自己処理の難しい部位は、脱毛した方がお得だと考える方もいるでしょう。

理由2.安全性が高い

自己処理を続けるよりも脱毛に通うことをおすすめする理由の2つめが、安全性が高いことです。

自分でカミソリや電気シェーバー、脱毛テープなどを使ってムダ毛の処理をする場合、やり方によってはケガをしてしまう可能性があります。傷口からは細菌が入ってしまう可能性もあり、肌トラブルを招く恐れもあります。しかし、脱毛サロンやクリニックに通えば、専門家がお手入れをしてくれるので安心です。

場所によってはレーザーの照射前に無料でシェービングしてもらえたり、照射後に保冷剤や保湿クリームをたっぷり使ってケアしてもらえたりするので、肌トラブルも起こりにくいです。一方で、万が一肌トラブルが起きてしまった場合でも無料でドクターサポートを受けられるところもあります。

ムダ毛の生えている範囲が広く、さらに自分では手の届かない場所もある背中のムダ毛処理は、プロのスタッフや医師にお任せした方が安全だといえます。

理由3.自分でやるより仕上がりがよくなる

脱毛サロンやクリニックに通えば、自己処理では得られない、ツルツルで引き締まった背中を手に入れられるのでおすすめです。

自己処理方法として一般的なカミソリや電気シェーバー、除毛クリームを使った方法が一時的にムダ毛を取り除くものであるのに対し、脱毛サロンやクリニックでお手入れしてもらうことのメリットは以下のとおりです。

  • 毛を根本的に生えてこないようにできる
  • ムダ毛を細く、薄くしていける
  • 脱毛効果だけでなく美肌効果も期待できる

なかでも特に大きな違いとなるのは、

  • 永久脱毛ができる
  • 脱毛だけでなく美肌効果も期待できる

の2点ではないでしょうか。

自己処理には終わりがありません。脱毛テープや除毛クリームを使って一時的にムダ毛がなくなっても、2週間~3週間ほど時間が経てばまた生えてきてしまいます。一方、クリニックでの医療脱毛では、最終的に毛が生えてこないようにすることも可能です。

自分にあった方法でキレイな背中を手に入れよう

今回は、背中のムダ毛を自己処理する方法と、それぞれの注意点を紹介してきました。記事の内容をおさらいすると以下のとおりです。

<背中のムダ毛の自己処理方法>

  • カミソリ:もっとも一般的な方法。刃で肌を傷つけないよう注意が必要
  • 電気シェーバー:背中専用タイプを使えば、背中の中心にも届くように
  • 除毛クリーム:気軽に挑戦できるが、背中にニキビがある場合などは使えない
  • 脱毛テープ:テープを勢いよく剥がすので、痛みや肌へのダメージが大きい

自分でムダ毛の処理をすることが難しい背中は、家族や恋人に頼んでやってもらうよりも脱毛サロンやクリニックに通うことをおすすめします。美肌効果や医師のサポートなど、自己処理にはない魅力が多いのもポイントです。

あなたも自分にあった背中のムダ毛の自己処理方法を見つけ、ツルツルすべすべな背中を手に入れてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です